千種区の脱毛サロンLuce

どんな人でも「今」より美しく

ブログ
-BLOG-

肌のくすみやたるみを防ぐ食事について

美肌 腸内環境 腸内ケア PFCバランス 食事バランス 糖質制限 肌のたるみ 肌のくすみ予防 肌の老化

秋は肌の老化が進むことは以前のブログでも書きましたが、

日常生活でも肌がたるみやすい生活をしている人、肌がくすみやすい生活をしている人がいらっしゃいます。

今回は美肌を保つために日常生活の中で気を付けられるちょっとしたポイントを書いていきますね。

たるみやすい人

・運動をしない

運動をしない人は年齢を重ねるごとに体脂肪が増えます。

体重は変わっていないのに体脂肪が30%なんて人も少なくありません。

もっと年齢が行くとロコモティブ症候群の恐れもあります。

しかし、ジムに行って運動するのってなかなか面倒です。

ジムで1時間運動をするために、往復30分の時間を使い、着替えや汗をかいたらシャワーをしたり、女性ならお化粧直しの時間も必要です。

1時間の運動をするのに1時間半近く時間を使わなくてはいけません。

1日のうちに2時間半の時間を捻出するというのはなかなかハードルが高いのではないでしょうか?

それにジムに週2日いったとしてもそれ以外の日は全く運動をしないとなるとあまり効果はありません。

毎日の生活の中に運動を取り入れる事がおススメです。

一駅前から歩く、階段を使うなどでも十分です。

日々体を動かして摂取したエネルギーを活用して筋肉を作り脂肪を燃やす事が重要です。

 

・極端な糖質制限をしている

糖質制限がダイエットや美容に良いという説は今や当たり前になっていると思います。

糖質制限してたんぱく質を摂取して痩せた等もよく耳にすると思います。

しかし、糖は筋肉にとって重要なのです。
糖質が少ないとタンパク質を分解してしまい、筋肉量が減少してしまいます。

つまり、筋肉が糖質を消費してエネルギーにする能力が落ちてしまうのです。

代謝が落ちる事によってかえって脂肪がつきやすくなります。

タンパク質を大量にとっている人もいますが、

過剰にタンパク質を摂取すると大腸で悪玉菌の餌になり腸内環境が悪くなります。

そうなるとかえってたるみやすくなってしまうのです。

栄養バランスが大事だという事です。

P(タンパク質)F(脂肪)C(炭水化物)バランスとミネラル摂取をするバランスの良い食事が良いのです。

当たり前の事ですが、バランスの良い食事を心がけ、日常生活の中にちょっとした運動を取り入れる

腸内環境を良くすることがたるみやくすみを防ぎ、美肌を保つ一番良い方法なのです!

 

 

 

美肌になるための腸内ケアの商品も取り扱っています。

登録はこちらから

↓ ↓ ↓

 

Pocket